« ハイビジョン化 その3 | Main | お通夜 »

見本写真展示の話

学校の遠足やお遊戯会、運動会に撮影に行って廊下に見本写真を展示して申し込みを受ける。
そんな地味な写真屋さんの話。

展示した見本写真は展示期間が終わればゴミになってしまう。
経費を節減するならここが狙いどころ。その辺に目をつけたセールスの電話が時々あります。
いつもは電話の段階で断っていますが、今日のセールスマンはスタジオに来ました。

で、展示のことを知らない人にもう少し詳しく。

ほとんどの場合スナップ写真はLサイズで販売。集合写真はキャビネとかキャビネのワイドで販売。
たまに六つ切りの販売も。

バレエの発表会とかピアノ教室の発表会の写真であれば先生のところに送ってしまうので
その後の写真を見た人の反応はダイレクトにはわかりません。

幼稚園、保育園、小学校であれば自分が廊下などに展示しに行きますのでそのときに子供たちや
親がいれば反応がわかることがあります。

なるべく子供が帰ったあとの時間に行くようにしているのですが、都合によっては授業中に
こっそりと貼り出すこともあります。

休み時間に子供たちが出てくるとドット走って来て見本を見だします。
ケラケラ笑ってみている子供、真剣に見ている子供、とにかくその場が急にやかましくなります。

この状況は臨場感は見てみないとわからないと思いますが、僕はこの瞬間が好きです。

僕が撮った写真を見て皆が笑顔で見ています。ガヤガヤしながら。

続く

|

« ハイビジョン化 その3 | Main | お通夜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ハイビジョン化 その3 | Main | お通夜 »