中年男の私服は難しい

仕事柄ネクタイを絞めることはほとんどない。

先日カミさんと待ち合わせでスーパーに車で行った。
地下に駐車場があり、駐車券の発券機のところに警備員さんが。

その警備員さんが「工事?」って聞いてきた。タメグチな感じで「こーじー?」こんな感じで。

はっ?ってな感じでポカンとしていたら「買い物?」 これまたタメグチ。

トレーナーにウインドブレーカーだからだろうと思う。
以前も銀行に定期預金作りにいったらぞんざいな対応された。

人を見かけで判断するなとは言われるけれども、実際には相当見かけで判断されている。
見かけで判断されているからこそ、見かけで判断するなとの言い回しがあるわけでしょう。

ジャケットなどを着ているだけでなんとなく人の対応が違うのは肌で感じる。

で、話し変わってお見合い写真。
男性のお客様も当然います。
服装をどうした良いでしょうか? スーツと私服と両方撮りたい。 そんな問い合わせはよくあります。

服装的な面白みはないもののスーツが無難ですよとお答えしています。

私服だと自分の例のように安っぽくなりがちです。 男の格が下がると言うか。

おしゃれな人でばっちり私服が決まる人もいますが、それはそれで遊び人のように見えてしまう。

目的がお見合い写真ではNGです。 女性は顔や姿のほかに男性のお見合いに対する姿勢も見ています。
不真面目に見えては損です。

| | Comments (0)

ヘアメイク作品

最近ブログの更新してないねと、かなざわプロから指摘されたのでコネタを。
DSCF5106_800p
ヘアメイクさんと作品作りをコツコツとしています。モデル探しや、スケジュールのこともあり、月一回くらいできたら良いかな、くらいにやっています。最初はメイクのことは良くわからなかったんですが、4人ほどのメイクさんと一緒に仕事や作品を作っていたら、だんだん、メイクさん自信の個性もつかめてきました。微妙に違うんですね。
この写真は竹本さんと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

就職用 ヘアスタイル ファッション

 ビデオ編集が山盛りにあるんだけど、相変わらず証明写真のお客様がぞくぞくと来店。
昨年末まではアナウンサー、客室乗務員関係が多かったけど、今月は一般就職の人が多い。
で、髪型が皆、耳を出して、ヘアピンでピタッとした髪型が多い。
なんで、そうしてるの? 普段とは違うんでしょう? と聞いたところ、就職課で言われているそうだ。
実際の学生ではあまり見かけない髪形。実際のOLで見かけない髪形。でも、リクルートの学生は同じような髪型。
違和感あるものの、就職課で言われてるんじゃ、反論はない。もっとも、銀行の受付のおねいさんはややイメージ、近いかも。 
そうそう、あのリクルートスーツってのも、なんじゃあれ? 皆同じようなカッコしちゃって。いや、なにもモンクないです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

成人式写真

杉並区は9日が成人式でした。朝早くからお客様が来店され昼には終わったのですが、忙しかった。
無事に撮影終了しましたが、着物にたたみシワのある方が数名あり気になりました。着物のたたみ方をご存知ないのだろうな、と思いました。袖の部分を曲げないように保管して欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TV東京 応募用写真サイズ

タイトルのサイズですが、今日、以前撮影した学生さんから連絡があり、なんと10x7.5のサイズなんだと!
写真やってる人なら、ピント来るわけですが、実に中途半端。規格外ということもそうですが、バストアップなら
収まりはよくても、全身写真なんて、どうするの??? って感じ。まぁ、素人さんの撮影したスナップならなんとか
なるかもしれないけど? 僕らが撮影した全身サイズ。こんなヘンな比率じゃどうにもならん。困った困った。
まだ、連絡をくれた人は一人ですが、テレビ東京は今は、キー局ですから、応募する人は多いでしょうね。
これからのフォローが大変そうです。うへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナウンサー受験?写真

スタジオが空いてしまうのが勿体無いので、アナウンサーやフライトアテンダントなど全身写真の必要な就職活動用の写真撮影を撮影しますよ、という、webページが検索に引っ掛かるようになったのが10月の半ばごろから。
 タイミングがよかったのでしょう、キー局の入社試験、エントリーシートと学生達は言っていましたが、それが11月の第二週頃、その少し前に検索エンジンに引っ掛かることで沢山の学生が撮りに来てくれた。

皆さん、ルックスやスタイルに自身があるような人たちだから、こちらも撮りがいはあるものの、多少疑問に思うのは、
いかにも真新しい、スーツ、靴、カバン、そして美容室に行ってきました!メイクもしてもらいました。って、人が多い。
もちろん、写真を撮るために身だしなみをきちんとするのは良いこと、自分を売り込むための写真だから、お金をかける意識は、それはそれで、良いと思う。
 けれど、もし、お金をかけた人が入社できて、お金の無い人は入社できないとしたら、それはそれで、おかしいと思う。
どうか、TV局の関係者の人はお金の威力で塗ったくった外見だけの美しさではなく、本当に、綺麗な人、本当に
良い人を見抜いて欲しいと、思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メイクは諸刃の刃?

先日、劇団のオーディション用の写真撮影の依頼がありました。
他のスタジオで撮影した写真が気に入らないので。ということでした。
その写真を撮影前に拝見したのですが、スタジオの技術的な事は問題なく、ライティング、ポーズ付けなどきちんとプロの仕事でした。
で、お客様も言っているのは自分自身が緊張してしまったからではないかと。
それはあると思い、オーディション用の撮影をひとつのスタジオで済まさないで、何軒かをハシゴされる方も結構いるんです。ご自身のカメラ慣れの意味も大きいですし。

そんなことで撮影を開始。うちの現在のやり方は、6コマ程度撮影したら、パソコンモニターで確認。
この角度がいいな、ダメだなと、話し合いながら、また6コマ程度撮影し、モニターで確認。
この作業を繰り返していきます。
で、気づいたのですが、他のスタジオで撮影したほうは、そこのメイクさんがメイクしているんですね。
ほとんどの場合、プロのメイクさんの方が自前のメイクより良いはずとは思います。
しかし、顔の個性などを把握するのに、僕らプロのカメラマンだって、しばらく時間がかかります。
メイクさんは始めてあった人の最良のメイクが直ぐにできるのか? そのあたり疑問です。
芸能人の撮影もしていますが、専属のメイクさんが来ます。やはり、初対面ではその人の個性を生かしたメイクは難しいと思います。
オーディションの撮影に来られたお客様も、自前のメイクの方がその方にあっていて、自然に感じました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)