展示の続き

寝具の宣伝で人生の三分の一は睡眠です
だから睡眠を、寝具を大切に

そんな宣伝があります

仕事だって人生の中で大きなウエイトを占めている。
それも起きている、覚醒中のことだからもっと大事じゃないか。

嫌々やっていたら長く続かない。どんな仕事でもやってみれば面白いんじゃないかと思う。

昔バンドマンを目指していた頃は色々なバイトをやった。
その話をクドクド書くつもりはないけど続いたバイトは面白かった。

で、写真屋の仕事。
やはり面白みがなければやってられないし、向上することもないだろう。

単純に売り上げの多い少ないにしても、売り上げを多くするためには買ってくれる人のツボに的中するような
写真を撮れば売り上げは上がるはずだ。
売り上げが上がればやはり嬉しい。それが生きがいだと言ってしまってはなんだかチンケな感じだけど。

そうそう、年の初めはネットの有料の占いをやることが多いのだけども、今年も占いをやった。

僕の性格はコダワリが無いから何をやっても上手くいくと書いてあった。

コダワリがない人なんだそうだ。 それもつまらない気がするけど確かに写真に対してコダワリは
ないかも知れない。

相手が喜んでくれることに喜びを感じているフシはある。

なので作家とかのタイプじゃなくて町の写真屋であっているのかもしれない。
町の巨匠。とりあえずはそのあたりが目標かな。
地域ナンバーワンを目指す。

年の初めにふさわしい書き込みになったな。満足満足。

展示とは関係ない話になったけど。

| | Comments (0)

見本写真展示の話

学校の遠足やお遊戯会、運動会に撮影に行って廊下に見本写真を展示して申し込みを受ける。
そんな地味な写真屋さんの話。

展示した見本写真は展示期間が終わればゴミになってしまう。
経費を節減するならここが狙いどころ。その辺に目をつけたセールスの電話が時々あります。
いつもは電話の段階で断っていますが、今日のセールスマンはスタジオに来ました。

で、展示のことを知らない人にもう少し詳しく。

ほとんどの場合スナップ写真はLサイズで販売。集合写真はキャビネとかキャビネのワイドで販売。
たまに六つ切りの販売も。

バレエの発表会とかピアノ教室の発表会の写真であれば先生のところに送ってしまうので
その後の写真を見た人の反応はダイレクトにはわかりません。

幼稚園、保育園、小学校であれば自分が廊下などに展示しに行きますのでそのときに子供たちや
親がいれば反応がわかることがあります。

なるべく子供が帰ったあとの時間に行くようにしているのですが、都合によっては授業中に
こっそりと貼り出すこともあります。

休み時間に子供たちが出てくるとドット走って来て見本を見だします。
ケラケラ笑ってみている子供、真剣に見ている子供、とにかくその場が急にやかましくなります。

この状況は臨場感は見てみないとわからないと思いますが、僕はこの瞬間が好きです。

僕が撮った写真を見て皆が笑顔で見ています。ガヤガヤしながら。

続く

| | Comments (0)

就職用 全身写真

 就職用の全身写真が必要とくればアナウンサー用がまず思い浮かびます。
アナウンサー用の提出期限はとても早く、3年生の9月とか10月です。

あとはCA、キャビンアテンダントとかフライトアテンダント。
こちらは昨今の不況からかあまり来店はありません。おっと、先月ですが中途採用でアラブ系の航空会社に
内定された方がでました。未経験の営業の方でしたが内定でたんでびっくりしました。

で、本日はサロン(美容室)の就職用の方が来店されました。
アパレル関係の就職でも全身写真の提出があるところもあります。

で、全身写真を求められる理由はずばり体型のチェックです。
サロン、アパレルの場合は服装のセンスも見られていると思います。

それらを意識した上で服装選びを考えてみてください。

ダボッとした服では体型のチェックは出来ませんし、女性はある程度はヒールの高さがあったほうが
足が長く見えます。

親や友達に撮ってもらうのでももちろんかまいませんが、あまり綺麗に撮れていない場合は
悩まず写真館に行かれる方がいいでしょう。
ちょっとしたポーズでもかっこよさが倍増します。

ご予約お待ちしています。

| | Comments (0)

ジミントー

 留守番電話にジミントーの○○ですが、3名の撮影をお願いしたいと。
来年は地方選挙の年なので選挙ポスターの撮影が見込めます。
3名撮影とはうれしい話。
で早速折り返し電話しました。
するとジミントーではなく、ジョイントという芸能プロダクション様でした。
いえいえ、タレントさんの撮影依頼でももちろんうれしいですよ!
でもポスター撮りはスペシャルプライスなのです。

私はノンポリなのでどの党の方でもきちんと当選確率アップするよう撮影いたします。

よろしくです。

| | Comments (0)

TV出演のはずが、、、

TV出演のはずがボツになってしまってがっくりです。
番組制作においていいものを作るには素材を多く撮っておきそこから削って中身の濃いものを作る。
これはよ~く解ります。自分もそのような過程は踏みます。
なのでTV局や制作会社に文句はありません。
単に楽しみにしていたので残念です、と言いたい。
出来れば事前にボツを知らせてもらいたかった。なんせ2時間はウチにいて収録したのだからたとえば街頭インタビューがカットされたのとはわけが違う。

テレビに出るよ~と何人かに言っていました。
番組を見終わった後にカットされたみたいで残念と言うと皆良くあることだよと慰めてくれましたが、ウチのカミさんだけは反応が違う。
あんたの写真が悪かったんじゃないのか? ちゃんとやったのか! いいもの作れボケ! いやボケは言ってないかもしれないけどだいぶ罵られました。
カットされたことで凹んでいるのにさらにかぶせるように罵倒され、、、、、

今日の自分があるのは厳しいカミさんのおかげかもしれません。 とほほほほ。

| | Comments (0)

で、撮影のノウハウ

で、撮影のノウハウ。
まぁ、長年やっているのでノウハウと言うか、対処法見たいのは多少はある。

でも、これをやれば絶対上手く出来るぞ!なんて特効薬なんてあるのなかぁ。

たとえば食べ物でこれは美味い。どうやればどう作ればこうなるのですか?
それは秘伝のタレがあって、、、、、、なんて言われて納得するようなものじゃないでしょうか。
でも料理人の価値は秘伝のタレさえあれば出来てしまうのか?

自分も大昔バイトだけど料理作っていた感じで言うと、ちょっとした塩加減。そんな些細なところでお店で出せる味になるか、素人臭くなるか、そんなところが案外大事だったりした。というかそう言われた。
基本の基。

写真も基本の基じゃないだろうか。 それにプラス秘伝のタレがあればなお良し。
ウチに写真のタレはあるのか? 無いのか? どっち?
秘伝のタレは欲しいなぁ。

| | Comments (0)

気の利いたコメントを言うのは難しい

先日、当然の電話。TV番組の制作会社から。
撮影に関してノウハウというか、どうやって撮影しているのか? と聞かれた。
よくよく考えてみれば突然電話をしてきてこんな大事な事を聞くのも失礼な気もする。

でもここで上手い事言えばテレビ出演が待っているだろう! と思われるわけでなんとか話をした。
実は車を運転中で仕事に向かっている途中。そんな中で気の利いたコメントをするのは難しい。

その電話から数日経ったので出演無しだろうなぁ。

残念。

まぁ、こんな無名なカメラマンに電話くれただけでも感謝しよう。

| | Comments (0)

年寄りの冷や水?

数日前だけど出張で施設の撮影に。

外観、内観、働いている人のスナップなどなど。

外観の撮影で施設全体が見え看板も見え、、、とアングルを探すと道路を挟んだ塀の上が丁度よさそう。
幅が狭く三脚を使うことができないけど、十分な明るさがあるので手持ちで撮影。
まぁ、ここしか良いアングル無いでしょうって感じで楽勝で撮影終了。

胸の高さくらいの塀なので飛び降りたらそれが間違い。
地面が坂になっているのでそのまま前のめりに。
手とひじと両膝をけっこう強く打ってしまった。
仕事中で緊張していたからかあまり痛さを感じなかったけど終了後によく見るとズボンから血がにじんでいる。
けっこう痛い。

これからは無理せずちゃんと降りよう。
で、カメラは何とか無事だった。D700と買って日の浅い12-24は大丈夫だった。飛び降りる前に念のためストラップを首からかけ体の後ろにボディを持っていった。まぁ、後ろにコケればダメだったけど。

用心、用心。

| | Comments (0)

似顔絵を描いてもらった

3月4月はとても忙しくやっと仕事が片付いてきた。
で、先日ランドマークタワーの展望階行ったときに似顔絵を描いてもらった。
常時やっているようで金額は一人につき2,000円でカミさんと二人なので4,000円。
カミさんが若く書いてくれとか注文出したので追加2,000円。計6,000円でした。

昔から絵の上手な人には感心していた。自分は絵が下手です。
誰か忘れたけどカメラマンで自分は絵が描けないので写真をやっていますと言ってるのがいたなぁ。

写真と絵。一番違うと思うのは写真は被写体がないとどうにもならない。
被写体がよくないとどうにもならない。風景であっても人物であっても。
被写体依存度が高い。 逆に言えば良い景色に出会えば、良い人物に出会えば誰でもそれこそ良い写真に
撮れる可能性が高い。

絵がうらやましいと思うのは、多少悪い景色でも都合よく描けるだろうし、多少問題ある人物でも美化してしまえば
いいじゃないか。 と写真屋のヒガミも多いと思うけどそんな風に思っている人は少なくないと思う。

で、似顔絵の話。
描いてもらっている間にサンプルというか今まで描いた似顔絵を持ったお客さんの写真が沢山あって暇つぶしに見ていた。
似顔絵だから当然本人に似ていないと駄目だ。
本人の特徴をデフォルメしている。
目に特徴がある人は大げさに。 鼻に特徴がある人はやはり大げさに。
髪型、眉、目、鼻、口、輪郭。
人の特徴的な部分をよくとらえてそれを誇張している感じ。
綺麗な人は綺麗になっているけど、そうじゃない人はやっぱりな感じに描かれている。
知らない人のことだから似ている!で笑えるけど、しかし、これって本人は喜べるのか?
疑問な人も多かった。
孫と一緒のおじいさん、おばあさんなんて似ているけど、本人はうれしくないだろうなぁと。

で、嫌な予感は的中した。
自分の顔の特徴をよく捕らえているけど、しかし目がたれ目になっている。
カミさんに俺ってたれ目か? 聞くとそうだと言う。
自分ではたれ目と思っていなかった。
そうだったのか、俺はたれ目なのか! 正直びっくりした。

唇もいやらしい感じだし、輪郭もちょっとなぁって感じ。目じりに皺も描いてある。
正直がっかりした。

で、写真と絵の話に戻ると写真の修整がすごくよくできる時代になった。
人物の写真をよく撮るけど5歳、10歳若くすることは比較的簡単だ。

女性だけでなく男性も若く仕上げると喜んでくれる。

自分の作品として撮っているのではなくお客さんからお金をいただいている以上、相手が喜んでくれないと
成功とは言えないと思う。

絵が描けないことに引け目があったけど、写真が撮れる、修整ができることを誇りに思うことにした。

| | Comments (0)

フラッシュ禁止とか、シャッター音とか

マナーの向上というかもっと言えば民度の向上と言うか。

話違うけど分煙、禁煙。 自分もタバコを吸うのですが確かにあれは臭いがあるし煙いので吸わない人にとっては非常に迷惑。 考えてみれば昔は吸わない人の迷惑を考えずにどこもかしこも皆吸っていた。
レストランでも会社の中でも職員室でもどこでも吸っていた。
考えてみればヒドイ話。
自分が子供頃は道端にツバや痰を吐く人も結構いた。駅の隅っこには痰つぼなんてものもあった。汚い話でごめんなさい。
今も、ツバ吐いている人はいるけれども少数には違いない。

で、本題のフラッシュとかシャッター音の話。
デジタルカメラの普及によって経費を気にすることなくバンバン撮影できる時代になった。
このことでより良いタイミングの写真、より良い表情の写真を撮ることができるようになったのでバンバンザイではある。自分もその恩恵にあずかっている。

だけれどもビデオ撮影に行ってとても気になる。
たとえば卒園式のビデオ撮影の依頼があって3月は数件仕事をしてきました。
普段は自分は写真を撮る立場だけどもその場合はビデオカメラマン。

フラッシュは非常に邪魔です。 フラッシュの光った瞬間にコマが飛びます。
そしてシャッター音。 これも正直邪魔です。
シャッター音で肝心の話し声が消されてしまいます。

写真はがフラッシュが必要であり、シャッター音が出るのは十分すぎるほど承知しています。

しかし、あまりにパンパンやられるとそこまで撮らないと良い写真がものにできないのか!!と言いたくなります。

若いカメラマンは特に安直にシャッターを切っているようにも思います。
あぁ、若いカメラマンはなんて言っちゃった。
こういう言い方するとすでに自分はオジサンなんだよなぁ。
駄目だこりゃ。

| | Comments (0)